森林・林業分野 特化型インキュベーションプログラム&アクセラレータープログラム

森林・林業分野 特化型インキュベーションプログラム&アクセラレータープログラム

11月5日 公開DEMODAY開催!

11月5日 公開DEMODAY開催!

デモデイ観覧希望の方はこちら
インキュ部門を見るアクセラ部門を見る

What is "SUSTAINABLE  FOREST  ACTION"?

日本で唯一の森林・林業特化型 事業開発プログラム

SUSTAINABLE FOREST ACTION(通称SFA)は、日本で唯一の森林・林業特化型 事業開発プログラムです。
林野庁事業として、株式会社Speroが主催運営し、2019年より始動、2022年、第4期目を迎えます。
これまで3回の開催で、募集審査によって選ばれた合計138名(林業人材64名、異分野人材74名)39チームが参加し、合計10社の法人と、複数のプロジェクト・事業が生まれました。
今年度より、初の2本立て「0→1で事業創出を行うインキュベーション部門」と、「1→10の事業加速およびコラボプロジェクトを支援するアクセラレーター部門」の初の2本立てで、森林・林業分野の事業の創出を支援していきます。

世界規模の脱炭素社会への動きやESG投資の加速などにより、かつてなく注目を浴びている森林資源や林業。
しかし、現在、日本の林業は、都市への一極集中と少子高齢化が招いた「担い手不足」、グローバリゼーションや木材の代替材の流通による「国産材需要の低下」、加えて木材サプライチェーンの複雑化・不透明さに伴う「原木価格の下落」など、多くの課題を抱えています。結果、伐採で得られる収益よりも、再造林にかかる費用が高い構造となり、補助金頼りの産業になっていると同時に、衰退が進行しています。林業の衰退は、その国土の7割が森林を占める日本にとって、中山間地域経済・地方全体の衰退を意味すると同時に、CO2吸収源や水源涵養、生物多様性の維持など、環境保全の役割を持った森林そのものの維持の難しさに繋がります。

SFAでは、サステイナブルな森林と経済に寄与すべく、林業・木材の産業構造を多角的に捉えながら、林業課題を解決し、同時に森林資源を再定義・高付加価値化する事業を共に創造していきます。

インキュ部門を見るアクセラ部門を見る

第4期、始動!

SUSTAINABLE FOREST ACTIONで得られるもの

チーム編成(インキュ部門のみ)

林業人材と異分野の事業開発人材でチームを組成します。スキルセットだけでなく、志向や興味対象、キャラクターや相性などを鑑み、新規事業・ベンチャーのファウンダーチームを組成します(途中変更もできます。)

伴走メンタリング(アクセラ部門のみ)

新規事業開発経験のあるメンターを、一チーム必ず一人配置します。1週間に1度のメンタリング、24時間以内のメッセージ返信と、伴走支援を徹底。また、事業特性に応じた専門家(技術、法務、マーケ等)も紹介します。

実証フィールド(アクセラ部門のみ)

事業開発の最初のプロセスで最も大事なことは、顧客を理解し、課題を特定すること。東京都檜原村との連携協定により、実証を進めるため、同町の林業関係者がヒアリングに応じたりフィールドを提供したりします。

事業開発講座(インキュ&アクセラ)

顧客開発、ソリューション設計、ビジネスモデル、マーケティング、組織戦略、財務、資本政策、法務など、新規事業開発に必要な講座の数々を提供します。事業開発経験が未経験でも0から実践的に学べる設計です。

林業・森林講義(インキュ&アクセラ)

林業・木材産業について、川上から川下まで包括的に学ぶ機会を提供します。林業事業者から設計事務所、建築家、森林ベンチャーなどが集い、構造的・歴史的にこの産業を理解します。また、世界のSDGsビジネスやESG投資についても学びます。

林業合宿(インキュ&アクセラ)

林業・森林分野について、実際に現場を見て勉強すべく、協定を結んでいる鳥取県智頭町および東京都檜原村にて、任意参加の合宿を開催します。森林組合、自伐林家、製材所、森林教育機関など見学・体験を行う盛りだくさんのコンテンツです。

ネットワーク(インキュ&アクセラ)

参加者の横繋がり、メンター、審査員、林業関係者、異分野事業者、林野庁などネットワークが拡がります。プログラム期間中の実証とその座組みのプロジェクト継続はもちろんのこと、終了後に参加者同士の繋がりで、法人やプロジェクトが立ち上がった事例もあります。

継続的な事業化支援(インキュ&アクセラ)

デモデイでは、投資家・事業会社などが審査員として参加します。優秀なチームには、資金支援だけでなく、更なる事業案の磨き込み、(法人設立)、開発と実証、採用、資金調達、PR等、多角的な支援を継続提供します。

SUSTAINABLE FOREST ACTION 2022

スケジュール

SFA2022の概要をダウンロードする。

募集・選考

-8/14(日)
募集・選考期間

8/15(月)
プログラム採択者発表

キックオフ 9/3(土)

事業開発講義・ワークショップ
林業の業界・課題講義
参加者同士の顔合わせ

中間研修 10/8(土)

模擬ピッチとフィードバック

(以下は任意)
9/10(土) 講義2(事業開発&森林)
9/17(土) 講義3(事業開発&森林)
9/24-25(土・日)鳥取県智頭町合宿
10/1-2(土・日)東京都檜原村合宿
10/15(土) 講義4(事業開発&森林)
10/22(土) 講義5(事業開発&森林)

デモデイ 11/5(土)

投資家など審査員の前で最終プレゼン
優れたアイディアは事業化支援

募集・選考

-8/14(日)
募集・選考

8/15(月)
プログラム採択者発表

キックオフ 9/3(土)

事業開発講義・ワークショップ
林業の業界・課題講義
参加者同士の顔合わせ

中間研修 10/8(土)

模擬ピッチとフィードバック

(以下は任意)
9/10(土) 講義2(事業開発&森林)
9/17(土) 講義3(事業開発&森林)
9/24-25(土・日)鳥取県智頭町合宿
10/1-2(土・日)東京都檜原村合宿
10/15(土) 講義4(事業開発&森林)
10/22(土) 講義5(事業開発&森林)

デモデイ 11/5(土)

投資家など審査員の前で最終プレゼン
優れたアイディアは事業化支援

SFA 2022は初の2本立て!

0→1の事業開発はSFAインキュ部門1→10案件およびコラボ案件はアクセラ部門

0→1の事業開発はSFAインキュ部門1→10案件とコラボ案件はアクセラ部門

今年度は「0→1で事業創出を行うインキュベーション部門」と、「1→10の事業加速およびコラボプロジェクトを支援するアクセラレーター部門」の初の2本立てで、森林・林業分野の事業の創出を支援していきます。

SFAインキュ部門

「森林・林業」に関する事業を、ゼロから立ち上げるためのプログラム。①. 林業の現場を知っている「林業人材」と、②.自らの経験・知見を森林分野に活かしたい「異分野人材」の両者を募集します。「森林事業のアイディアがある」「林業の課題解決がしたい」「サステイナブルな森林に寄与したい」など、熱い想いを持ったあなたへ。事業を立ち上げる情熱と覚悟をお持ちの方を募集します。

インキュ部門詳細を見る

SFAアクセラ部門

「森林」をテーマにした事業の加速・拡張を支援するためのプログラム。募集対象は、①. 既存事業領域を活かしつつ、森林関連事業を立ち上げたい「異分野の事業者」 ②. 森林・林業分野の事業を加速したいシード・アーリーステージの「ベンチャー企業」、③. 異分野の事業者やベンチャーと一緒に事業を創造・加速したい「林業・森林関係者」です。

アクセラ部門詳細を見る

WHY "SUSTAINABLE  FOREST  ACTION"?

カーボンニュートラル×森林

地球温暖化の原因となる温室効果ガス(GHG)の実質的排出ゼロを目指すカーボンニュートラル。日本政府は、パリ協定が掲げた世界の平均気温上昇抑制と今世紀後半のGHG排出実質ゼロという目標を達成するため、2030年までにGHG排出を2013年度比で26%削減する目標を設定。2020年10月には、2050年のカーボンニュートラルを目指すことを当時の菅義偉首相が宣言しました。
国際社会の目標である、カーボンニュートラルを実現するには、大気中の二酸化炭素(CO2)濃度を下げるために、森林の適切な維持と、年々力を失ってきた林業の再生が不可欠です。SUSTAINABLE FOREST ACTIONでは、日本の林業再生・森林資源の価値向上を、グローバル課題として捉え、日本の林業・森林分野に新しい風をもたらす参加者を募集します。

ニュースレター購読

メールアドレスを登録すると、SUSTAINABLE FOREST ACTIONプログラムより、イベント情報、募集情報、ニュースをメールでお知らせします。

    プライバシーポリシーに同意して送信する